横浜保土ヶ谷ボーイズ

保土ヶ谷ボーイズのチーム紹介

TEAMチーム紹介

ご挨拶

横浜保土ヶ谷ボーイズは、神奈川及び近隣のクラブチームでも珍しい、高校野球に向けた「育成」に特化したチームでございます。ひとえに高校に向けた「育成」といいましても、どのようなことなのかと疑問も多いことかと思います。
かっこいいことは言いません。
他チームに比べれば練習量は少ないです。決して強豪チームではありません。野球独特の厳しさもありません。

野球経験者の方には物足りなさを感じるかもしれません。
それでも、選手たちは成長し活躍できる基礎を築くことはできると信じています。

勝利至上主義ではありません。
しかし、勝ちにこだわっていないわけでもありません。
今持ってる力で公式戦は勝ちにいきます。

創部4年目ですが、関東大会出場、横浜市長旗杯優勝などの実績も残しています。
横浜保土ヶ谷ボーイズのスタッフが、輝かしい成績より大切にしているのが「考動」です。
チーム方針は、“考えて行動する” ことだと選手たちに伝えています。
状況に応じた判断ができる選手になってほしいという思いが込められています。

そのため、選手には「知識」を伝えております。
現時点では、選手たちは体の大きさもスペックも違います。
そのため、同じことを伝えても個々の感覚は当然違います。
ですので、選手には「知識」というヒントを伝えております。
そのヒントを基に、今の自分にあった「成長」を設定し育成していきます。

横浜保土ヶ谷ボーイズのスタッフは、選手たちが楽しく野球ができればそれでいいと考えています。
「勝利」が絶対という選手や保護者の方には横浜保土ヶ谷ボーイズはお勧めしましておりません。
私ども横浜保土ヶ谷ボーイズとご縁をいただけると幸いです。

よろしくお願い申し上げます。


横浜保土ヶ谷ボーイズ 代表 徳田勇人 さらに表示

チームスローガン

  • 「野球を通じて社会に貢献し強い存在感を持つ人間になる」
  • 「常に全力で楽しく戦う」
  • 「最後まであきらめずに戦う」
  • 「自分で考え動く(考動)力を身につけ自立する力を身につける」

チームスローガン

  • 医療機関と提携し、選手の健康管理・怪我の予防を
    徹底的に行います。
  • 選手の身体の成長度合いに応じて練習メニューを設定し、
    効率よく選手育成を行います。

スタッフ

長井監督

都立新宿高 日体大

池浪コーチ

北嵯峨高校

長友コーチ

永谷高 日体大

村田コーチ

二松学舎大学付属高校
帝京大学

鈴木コーチ

新潟商業
新潟コンマーシャルクラブ

堀コーチ

明桜高校ー横浜商科大学
 LA GrandSlams ・横浜キッズ

チーム概要

所属リーグ・団体等 日本少年野球連盟 ボーイズリーグ神奈川県支部所属
チーム名称 横浜保土ヶ谷ボーイズ
結成時期 2015/4
活動曜日 火・木・土・日・祝日
主な活動場所 サーティーフォー保土ヶ谷球場・瀬谷本郷公園野球場
ジャパンアスレチックアカデミー(北新横浜室内練習場)
成績 横浜市長旗杯3位(2018)横浜市長旗杯優勝(2017)
関東大会出場(2017)
卒団生の進路 横浜、日大、鎌倉学園、桐蔭学園、花巻東、聖望学園、横浜隼人、神奈川工業、桐光学園、国士館、法政二、明秀日立、市立金沢、川和、雪谷、湘南学院、藤沢翔陵、暁星国際、岐阜第一、日大三島